2019年6月16日日曜日

Martin&Anna Arndorfer Grüner Veltliner handcrafted 2018

Martin&Anna Arndorfer Grüner Veltliner handcrafted 2018
一目惚れしました。
こんなレベルが好きです。

6月はグリューナー・フェルトリーナーをお勧めしています。
雨の季節には爽やかなワインが飲みたくなります。

このワインは限定輸入品です。
価格は2,500円弱です。
オーストリアワインとしては低価格帯のワインです。

産地はカンプタール、ランゲンロイスの近くのStrass im Strasstaleです。
グリューナー・フェルトリーナーの産地ですので外しはありませんね。

ミネラルが控えめだけど前面に出ているワインです。

黄色
ミネラルの香りと微かなフルーツの香り
酸味、ミネラル、微炭酸、ペッパーはミネラルに隠れています。

白身魚のカルパッチョ、オイルベースのパスタ、オリーブオイルを使ったサラダ、ウィンナー・シュニッツェルなどにお勧めです。
グリューナー・フェルトリーナーが得意な和食は合うけどKino_Sanはあまりって感じです。

2019年6月9日日曜日

ユルチッチ・グリューナー・フェルトリーナー・テラッセン2017

Jurtschitsch Grüner Veltliner Terrassen 2017
雨の季節です。
ジメジメする日本の夏をさわやかに過ごす為に、この季節はオーストリアのさわやかなグリューナー・フェルトリーナーをお勧めしています。

ユルチッチはオーストリアでも最も古いワイナリーの一つです。
グリューナー・フェルトリーナーの産地であるカンプタールでワイン造りを行っています。
そのユルチッチのお勧めデイリーワインです。

グリーンに黄が混じる
ミネラルと柑橘系のフルーツの香り
微炭酸、ミネラル、ペッパー、柑橘系の酸味

ウィンナー・シュニッツェル、唐揚げ、鯛や鮃の造り、白身魚のカルパッチョ、オイルベースのパスタ、野菜のおばんざいなどにお勧めです。

2019年6月2日日曜日

ヴェーニンガー・ツヴァイゲルト2015

Weninger Zweigelt 2015
やはり、ヴェーニンガーはオーストリアでもトップクラスの赤ワインメーカだと思う。
こんなカジュアルクラスのワインでさえ、旨味が違います。
しかも自然派ワインです。

明るい菫色
ベリーの香り
ベリーの酸味とチョコのようなまろやかさ

ポキ、コールドミート、ステーキ、鰤の照焼などにお勧めです。

2019年5月19日日曜日

デュルンベルク・ファルコ2015

Dürnberg Falko 2015
ゲルバー・ムスカテラー、ウェルシュリースリング、ソーヴィニヨン・ブランのキュベです。
白ワインの割には魚の臭みに強いので食事に合わせやすくて重宝します。
価格も2千円ちょっとですので、コスパもかなりいいワインです。

グリーン
青りんごとミネラルの香り
青りんごの風味に爽やかさを伴うミネラル

白身魚だけでなく、鮪なども美味しい(鰹はさすがに辛い)
ポキ、ガーリックシュリンプ、豚や鶏のロースト、唐揚げ、オイルベースのパスタ、ピザ、焼売などにお勧めです。

2019年5月12日日曜日

ハインリッヒ・レッド2015

Heinrich red 2015
オーストリアを代表する3つの黒葡萄品種、ブラウフレンキッシュ、ツヴァイゲルト、サンクト・ラウレントのキュベです。
ある意味かなり贅沢なブレンドワインです。

明るい菫色
ベリーの香り
まろやかでベリーを含んだようなフルーティさ

ステーキ、ローストビーフ、鰹のたたき、ポキ、赤身魚の造り、鰤の照焼、クリームベースのパスタなどにお勧めです。

2019年5月6日月曜日

モリッツ・ブラウフレンキッシュ・ブルゲンラント2015

Moric Blaufränkisch Burgenland 2015
春のロゼワイン押しで、ロゼばかり飲んでいたので、赤は久しぶりです。

やっぱり濃いですよね。

このワインは「すき焼き」に合うと誰かが言っていたので、これこそかなりの久しぶりで「すき焼き」と合わせてみました。
まぁ、美味しいけど、そう言った人は「すき焼き」が好きなんだと思う。
私は「鰹のたたき」や「ポキ」の方がいいと思う。(それが好きだから)

明るい菫色
ベリーやチェリーの香り
フルーティでまろやか

すき焼き、鰹のたたき、ポキ、鰤の照り焼き、ステーキなどにお勧めです。

2019年5月4日土曜日

ラングマン・シルヒャー・ホッホグレイル2017

Langmann Shilcher Hochgrail 2017
改めて、色が驚く程、綺麗!!

オーストリアが世界に誇る、「世界一酸の強いロゼワイン」シルヒャーは、甘いストロベリージュースを思わせるピンク色です。

そしてこのワインは目を見張るようなストロベリーピンクです。

ストロベリーピンク
爽やかな酸味と桃を思わせるフルーティな風味

エビチリ、ガーリックシュリンプ、ポキ、焼き餃子、野菜炒め、カボチャのサラダなどにお勧めです。

2019年4月30日火曜日

ラングマン・シルヒャー・クラシック2017

Langmann Schilcher Klassic 2017

春は桜色ワイン♪


とは言え、このワインはストロベリーピンクです。
甘いジュースのような色のワインですが、

世界はそれほど甘くはありません!


シルヒャーは世界で一番酸が強いワインと言われています。

オレンジがかったストロベリーピンク
強い酸味、でもさっぱり感強し

中華、焼き肉、野菜炒め、ポキ、ステーキなどにお勧めです。

2019年4月28日日曜日

ユルチッチ・ロゼ・フォム・ツヴァイゲルト2017

Jurtschitsch Rosé vom Zweigelt 2017
http://kleinkeller.com/shopdetail/004000000002/ct55/page1/order/

春は桜色ワイン♪


もう、終わりと思いつつ、北の方はそろそろ満開ではないのでしょうか。
春はまだまだ終わっていません。
(花粉の飛散もね)

久しぶりに飲みましたが、その色に魅了されました。

淡い桃色
桃のような味わい、酸味のバランスもいい

ポキ、ガーリックシュリンプ、唐揚げ、焼き餃子、ピザ、トマトベースのパスタなどにお勧めです。

2019年4月21日日曜日

グロッサー・ワイン・ゲミシュター・サッツ・ロゼ2017

Groszer Wein Gemischter Satz Rose 2017
http://kleinkeller.com/shopdetail/000000000496/ct259/page1/order/

春は桜色ワイン♪


花粉症がひどいKino_Sanはお花見に行けないのでお家で花見しようと提案しました。
花粉症でない人も食卓にピンクは嬉しいですよね。

桃色
フルーティで酸味も軽く、優しい飲み口

焼き餃子、エビチリ、ガーリックシュリンプ、ポキ、トマトベースのパスタ、ピザなどにお勧めです。

2019年4月20日土曜日

クノール・グリューナー・フェルトリーナー・シュタインフェダー2017

Knoll Grüner Veltliner Steinfeder 2017
ワッハウ独自のワイン等級で一番下のシュタインフェダーですが、一般的なクラスでは上級ワインです。

ワッハウのワインは少々濃すぎますので、Kino_San的にはこのクラスがお勧めです。

グリーン
ミネラル
微炭酸、ミネラル、少しフルーティで白胡椒少々

ウィンナー・シュニッツェル、寿司、白身魚の造り、カルパッチョ、山菜などにお勧めです。

2019年4月14日日曜日

ピットナウアー・ロゼ・ドグマ 2017

Pittnauer Rose Dogma 2017
ジャケ買いしたいピットナウアーのラベルです。

春は桜色ワイン♪♪


なんと高級品種ブラウフレンキッシュ100%のロゼです。
色はラベルに負けない深紅、そんな色の八重桜があります。
ラベルの女子のように凛とした桜を思わせます。

紅色
チェリーのような香り
桃を思わせるフルーティさとスッキリ感をもたらす酸味

中華、ポキ、鰹のたたき、ステーキ、トマトベースのパスタなどにお勧めです。

2019年4月13日土曜日

ツル・ルスト&ラウネ・ロゼ2017


http://kleinkeller.com/shopdetail/004000000001/ct69/page1/order/

春は桜色ワイン♪


オーストリアワインのロゼワインは本当に色が綺麗です。

これはオーストリアの地場品種であるツヴァイゲルトにピノ・ノワールがブレンドされています。
優しい口当たりです。

桃色
フルーティな香り
フルーティで甘みも感じるが辛口です。

餃子、エビチリ、ポキ、ガーリックシュリンプ、アジアンフード、唐揚げなどにお勧めです。

シュタット・クレムス・グリューナー・フェルトリーナー・シュタインフェルド2017

http://kleinkeller.com/shopdetail/001001000010/ct42/page1/order/



コスパのいいワインです。
この価格帯のオーストリアワインは嬉しいですよね。

安定した美味しさです。

グリーン
ミネラルの香り
微炭酸、ミネラル、ペッパー

唐揚げ、ウィンナー・シュニッツェル、白身魚の造り、鯖の塩焼きなどにお勧めです。

2019年4月7日日曜日

シュティフト・ゲットワイク・ロゼ・ミサワイン 2017

Stift Göttweig Rosé Messwein 2017
「Stift」は「修道院」です。
オーストリアでは修道院がワイナリーを経営しているケースがとても多いです。
オーストリアNo.1のワイナリー「シュティフト・クロースターノイブルク」も勿論修道院です。
修道院でワインが生産されるようになったのはミサで使う為ですが、畑は信者さんからの寄付で増やしていったようです。

さて、シュティフト・ゲットワイクはクレムスタールにある修道院です。
ワッハウ渓谷の観光船でメルクから終点のクレムスに到着する直前に、南側の山の上にお城のようなものが見えてきます。
それがシュティフト・ゲットワイクです。
(日本の山城みたいです。)
その修道院のワインです。

とにかく色がいいのです。
淡い黄色味がっかたピンクはまさに桜です。
確かな酸味とフルーティで甘みも感じますが、しっかり辛口です。

ホワイトアスパラガス、筍の土佐煮、筍ご飯、鮪の赤身、コールドミート、海老のカクテルなどにお勧めです。

2019年4月6日土曜日

ユルチッチ・グリューナー・フェルトリーナー・ベレ・ナチュレレ・ノン・ヴィンテージ

Jurtschitsch Grüner Veltliner Belle Naturelle NV
http://kleinkeller.com/shopdetail/000000000537/ct55/page1/order/
自然派ワイン、オレンジワインです。

でも、それほど癖もありません。
むしろ、美味しいです。

黄金色にオレンジが混じる
酸味とミネラル、微炭酸

コールドミート、串揚げ、ピザなどにお勧めです。

2019年3月31日日曜日

ユルチッチ・ベレ・ナチュレレ・ロゼNV

Jurtschitsch Belle Naturelle rosé NV
オーストリアの地場品種ツヴァイゲルトとピノ・ノワールを主に使った自然派ワインです。

色がいいですね。
家の中で飲んでいても「桜」の気配を感じることができます。

春は桜色ワインです。

少しオレンジがかった桃色
さわやかな酸味とフルーティなボディ

筍の土佐煮、出汁巻き、寿司、コールドミート、ホワイトアスパラガスなどに美味しいですよ。

2019年3月30日土曜日

ツァーヘル・ソーヴィニョン・グリ 2015

Zahel Sauvignon Gris 2015
ツァーヘルの限定輸入ワインです。
ラベルが可愛いですね。

黄金色
ミネラル、ふくらみがあり旨味が強いのにさっぱり感あり

日本食よりは洋食の方が合いそうな感じです。
イタリアン、フレンチ、勿論オーストリア料理にも合います。

2019年3月24日日曜日

ツァーヘル・ロゼ2015

Zahel Rose 2015
ピノ・ノワール100%のロゼワインです。
ツァーヘルはウィーンを代表するスター・ワイナリーですが、自然農法を取り入れて、オーストリアを代表する自然派ワインの造り手となりました。

こういうラベルが好きですね。

サーモンピンク
すっきりしていますが、酸味はあまり感じず
タンニンは少し強いかも

中華、ピザ、トマトベースのパスタ、唐揚げなどにお勧めです。

2019年3月23日土曜日

ヴェーニンガー・プラッツァー

Weninger Plutzer
楽しいですね。
ゲミシュター・サッツです。
畑からの酵母で自発的発酵の後、アンフォラで熟成らしいです。

オーストリアの赤ワイントップメーカーの白です。

フランツにしては上出来です。

黄金色
強いミネラルの香り
すっぱい、の後ろに強いミネラル

すっぱいけど、結構いろいろ合いそうです。
生牡蠣とか、あさり汁、お寿司、白身魚の造り、唐揚げ、ウィンナー・シュニッツェル、オムレツもいいかもです。

2019年3月21日木曜日

シュメルツ・リート・ ピヒル・ ポイント 2017

Schmelz Ried Pichl Point 2017
グリューナー・フェルトリーナー100%のワインです。
ワッハウ独自の格付でフェーダシュピルになります。

これも試飲です。
「はんなり」感が心地よくて、春の宵にお勧めしたいですね。

グリーン
ミネラルの香り
ミネラル、柑橘系の酸、心地よい微炭酸、すっきりさせるペッパー

あさりの酒蒸し、出汁巻き、オムレツ、白身魚の造りや焼き魚、寿司、ウィンナー・シュニッツェルなどにお勧めです。

2019年3月17日日曜日

フレッド・ロイマー・ロゼ2017

Fred Loimer Rosé vom Zweigelt & Pinot Noir 2017
http://kleinkeller.com/shopdetail/000000000486/
春は桜色ワイン!

第一弾はカンプタールのロイマーです。
地場品種のツヴァイゲルトとピノ・ノワールのブレンドです。
そのためか色はピンクというよりは紅色に近い感じです。

紅色
フルーティでさわやかな酸味

中華料理、コールドミート、スモークサーモン、トマトソースのパスタ、ピザなどにお勧めです。

2019年3月16日土曜日

シュメルツ・シュタイン・アム・ライン 2017

Schmelz Stein am Rain 2017
「はんなりワッハウ」のリースリングです。

リースリングはアルザスだと思っていませんか?

そんなあなたに言いたい。
リースリングはワッハウです。
「キラキラワッハウ」も試すといいですよ。

グリーン
柑橘系の香り
ミネラル、柑橘系のフルーツの酸味、そしてはんなりと広がる旨味

オムレツ、出汁巻き、生牡蠣、アサリの酒蒸し、鶏料理などにお勧めです。

2019年3月10日日曜日

コピッチ・ツヴァイゲルト・アウテンィッシュ 2016

Koppitsch Zweigelt Authentisch 2016
新しいワイナリーの試飲です。

ブルゲンラント北部のワイナリーです。

これも不思議な赤です。
色が凄く濃く、透明感なし。
でも、味は濃くないのです。

何故だろ?

透明感なしの非常に濃い菫色
スモーキー
いぐみは残る、さわやかな柑橘系のフルーツのような酸味、これがシュワシュワ

お肉より赤身の魚にお勧めです。
ポキ、鰹のたたき、鮪のあぶり、コールドミート、ハム系サラダなどにお勧めです。

シュメルツ・ロイブナー 2017

Schmelz Loibner 2017
新しいワイナリーの試飲はまだまだ続きます。

こちらはワッハウのワイナリーです。
前回も書きましたが、やはり「はんなり」がぴったりなワインです。
モストが濃い割には「濃い」感じはなく、したたかな広がりのあるワインです。
フィーダシュピールです。

グリーン
ミネラルの香り
強いミネラル、微炭酸、ペッパーは少、わずかに酸

出汁巻き、オムレツ、鶏や豚のローストなどにお勧めです。

2019年3月3日日曜日

コピッチ・ロート No.3 アウテンティッシュ2015

Koppitsch Rot No.3 Authentisch 2015
こちらも新しいワイナリーです。
ノイシードル・アム・セー(Neusiedl am See)ですのでブルゲンラントとしては最北部の地域となります。
ノイシードル・アム・セーはオーストリア東部の大きな湖ノシードラ湖の北岸の町です。

このワインはオーストリア地場品種黒葡萄を代表する3品種、ブラウフレンキッシュとツヴァイゲルト、サンクト・ラウレントのブレンドです。
割合はツヴァイゲルト60%、ブラウフレンキッシュ20%、ザンクトラウレント20%となっています。

ワインレッド(こんなきれいなワインレッドは久しぶり)
ベリーなどのフルーツの香り
桃、ベリーの酸味、フルーティなワインです。

ステーキ、コールドミート、ポキ、鰹のたたき、醤油味のお鍋、鰤の照り焼きなどにお勧めです。

2019年3月2日土曜日

ウィータシュタイン・プリマ・ドンナ2017

Wiederstein Prima Donna 2017
オーストリアの希少品種ゲルバー・ムスカテラー100%のワインです。

ラベルが可愛いですね。

ゲルバー・ムスカテラーもすっきり系の白ワインなのですが、やはり「ふんわり」しています。
優しい飲み心地のワインです。

グリーン
かぼすの香り
かぼすやゆずの風味にやわらかなミネラル

お寿司、白身魚の造り、天婦羅、クリームベースのパスタ、白身魚のカルパチョなどにお勧めです。

2019年2月27日水曜日

ウィータシュタイン・フローラ 2017

Wiederstein Flora 2017
グリューナー・フェルトリーナー100%のワインです。

このワイナリー、やはり「ふんわり」です。
飲み心地がシャープなイメージのグリューナー・フェルトリーナーですが、このワインは軽く、優しく、ふんわりした女子です。

グリーン
ミネラルがふんわり香る
甘くさえ感じる軽やかさ(でも辛口です)、ほんのりミネラルと微炭酸、ペッパーは控え目

野菜サラダ、おばんざい、出汁巻き、寿司、白身魚の造りなどにお勧めです。

2019年2月26日火曜日

ウィータシュタイン・サーカス・サーカス・ロット 2017

Wiederstein Zweigelt 2017
新しいワイナリーの試飲です。

ラベルが楽しいでしょ!

まだあまり試飲していませんが、このワイナリーの特徴は「ふんわり」だと思います。
飲んでみないと分からないかもしれませんが、飲み心地が「ふんわり」しているのです。

凄く濃い菫色
ベリーの香り
みかんのような酸味とベリーのようなでも「ふんわり」した味わい
ほとんどいぐみがないので、赤ワインが苦手な方にも、是非!!

ステーキ、コールドミート、ポキ、鮪のステーキ、鰤の照り焼きなどにお勧めです。

2019年2月25日月曜日

シュメルツ・トム(グリュナー・フェルトリーナー)2017

Schmelz TOM 2017
フィーダシュピールです。

新しいワインリーの試飲です。
すっきりとか、キラキラはないのですが、「はんなり」です。
「キラキラ・ワッハウ」とは対極の「はんなりワッハウ」も提唱するかもしれません。

グリーン
フルーティな香りの向こうに確かにミネラル
口当たりはふんわりとして、酸味がさわやかで、ちょっとだけミネラル

出汁巻き、お出汁のきいた野菜のたいたん、炊き込みご飯、あごだしのお鍋などにお勧めです。

2019年2月24日日曜日

ツァント・グリューナー・フェルトリーナー2017

Zantho Grüner Veltliner 2017
http://kleinkeller.com/shopdetail/000000000387/ct236/page1/order/
しばらくお休みしておりました。
実はパソコンのハードディスクがクラッシュしてしまい、新しいパソコンを準備していました。

さて、大好きなグリューナー・フェルトリーナーの一つです。
グリューナー・フェルトリーナーはミネラルが全面に出されているのが評価されがちですが、Kino_San的にはこんな感じでフルーティなグリューナー・フェルトリーナーの方がらしいと思います。

グリーン
ミネラルもだけどフルーティな香り
ミネラルと旨味、フルーティで柑橘系の酸味と後口にペッパー

ウィンナー・シュニッツェル、唐揚げ、カキフライ、白身魚の造り、寿司などにお勧めです。

2019年2月12日火曜日

ツァーヘル・ウィーナー・ホイリゲ2018

Zahel Wiener Heuriger 2018
ホイリゲ気分をまたまた、です。

少し甘く感じますが、ホイリゲのホイリゲってこんな感じが多い気がします。

グリーン
林檎の香り
ファーストは甘味、ミネラル、フルーティで林檎の酸味

ウィンナー・シュニッツェル、コールドミート、オイルベースのパスタ、出汁巻き、おばんざいなどにお勧めです。


お買い求めはKino_Sanのワイン・ショップでお願いします。
ホイリゲへ行こう! オンライン・ショップ クラインケラー

2019年2月11日月曜日

ツァーヘル・ウィーナー・ホイリゲ・ツヴェイゲルト2018

Zahel Wiener Heuriger Zweigelt 2018
ホイリゲ(ワインの新酒)は11月11日の解禁から翌年の大晦日までホイリゲとしてホイリゲ(葡萄農家経営の簡易食堂)で提供されます。
Kino_Sanはホイリゲ(簡易食堂の方)が大好きです。
諸事情によりオーストリアに行くことが困難になった今も、時としてホイリゲ(簡易食堂の方)を思い出します。
冬ならストーブの横の暖かい席でほっこりした時を過ごし、夏なら庭の席で長いしたことを思い出します。
で、このワインでちょっとだけホイリゲ(簡易食堂の方)気分を味わいました。
ワインとしては若く飲みやすいだけですが、それがいいのです。
それこそが、ホイリゲのホイリゲです。

明るい菫色
フルーティなベリーの香り
甘みも感じるほどにフルーティ、ふくよかで、ベリーの酸味

コールドミート、豚料理、鶏料理、ステーキ、おでん、おばんざいなどにお勧めです。


お買い求めはKino_Sanのワイン・ショップでお願いします。
ホイリゲへ行こう! オンライン・ショップ クラインケラー

2019年2月10日日曜日

ツァントピンク2017

Zantho Pink 2017
春は桜色ワイン♪

グラスの中で春が踊ります。
本当ですよ!

春が近くなるとパステルカラーが恋しくなるように、ワインも春の色が楽しいのです。
このワインは桃色、八重桜色です。

桃色
ベリーの微かな香り
桃やベリーに柑橘系の酸味

エビチリ、麻婆豆腐、唐揚げ、ウィンナー・シュニッツェル、おでんなどにお勧めです。


お買い求めはKino_Sanのワイン・ショップでお願いします。
ホイリゲへ行こう! オンライン・ショップ クラインケラー

2019年2月4日月曜日

ヴィーニンガー・カースグラーベン・グリューナー・フェルトリーナー2015

Wieninger Kaasgraben GrünerVeltliner 2015
ウィーンと言えばホイリゲに代表されるゲミッシュター・サッツが有名ですが、グリューナー・フェルトリーナーもリースリングも美味しく出来る産地です。
このワインも美味しいですよ。

黄金色に少しグリーンが混じる
ミネラルと柑橘系のフルーツの香り
ミネラル、ペッパー、微炭酸、後口に柑橘系の酸味

お寿司、唐揚げ、ウィンナー・シュニッツェル、おばんざい、出汁のきいたお鍋などにお勧めです。


お買い求めはKino_Sanのワイン・ショップでお願いします。
ホイリゲへ行こう! オンライン・ショップ クラインケラー

2019年2月3日日曜日

シュルンベルガー・ロゼ・ブリュット

Schlumberger Rosé Burt
綺麗なロゼ色ですね。
明日が立春ですが、春らしくて素敵です。
春はやはりロゼだと思います。

桃色に少しオレンジが混じる
微かなベリーの香り
爽やかな酸味と桃のようなフルーティさ

ブイヤベース、エビチリ、トマトベースのパスタ、海老の唐揚げなどにお勧めです。


お買い求めはKino_Sanのワイン・ショップでお願いします。
ホイリゲへ行こう! オンライン・ショップ クラインケラー

2019年1月31日木曜日

シュルンベルガー・キュヴェ・クリムト

Schlumberger Cuvée Klimt
バレンタインデーにパートナーと楽しむなら、これ!
クリムトの「接吻」がラベルというかテーマのスパークリングワインです。

黄金色にグリーンが混じる
爽やかな酸味とシャープなファースト、後口はフルーティな膨らみ

コールドミート、スモークサーモン、海老、蟹、オイルベースのパスタなどにお勧めです。


お買い求めはKino_Sanのワイン・ショップでお願いします。
ホイリゲへ行こう! オンライン・ショップ クラインケラー

2019年1月28日月曜日

ツァント・ツヴァイゲルト2016

Zantho Zweigelt 2016
オーストリアのワイナリーであれば大体造っている赤ワインです。
なので、少々甘くみていました。
軽んじていたという方がいいかもしれません。
皆が造っているから大したことない、ではなく、皆が造っているから違いが分かるのです。
ツヴァイゲルトが美味しいワイナリーは赤ワインが確かです。

これも美味しいですよ!!

明るい菫色
ベリーの香り
まろやかでフルーティ、ベリーの酸味

ステーキ、コールドミート、鮪、鰹、鰤の照焼、醤油味のお鍋などにお勧めです。


お買い求めはKino_Sanのワイン・ショップでお願いします。
ホイリゲへ行こう! オンライン・ショップ クラインケラー

2019年1月21日月曜日

ツァント・ブラウフレンキッシュ2017

Zantho Blaufränkisch 2017
お手頃価格の超お勧め赤ワインです。
コストだけでなくお味もいいですよ。

エレガント系とは少し違いますが、ブラウフレンキッシュの良さを味わえます。

明るい菫色
ブラックベリーの香り
桃、ベリー、酸味も程よく、まろやかな口当たり

ステーキ、猪鍋、すき焼き、中華、鮪、鰹、鰤の照焼、醤油味のお鍋などにお勧めです。


お買い求めはKino_Sanのワイン・ショップでお願いします。
ホイリゲへ行こう! オンライン・ショップ クラインケラー

2019年1月20日日曜日

ヘーグル・ブリュック・リースリング・フェーダーシュピール2013

Högl Brück Riesling Federspiel 2013
やはり「キラキラ・ワッハウ」、濃くなく、旨味たっぷりです。

ワッハウのリースリングはとても、とても美味しいのですが、モストが濃いせいで、ワインもこってり傾向にあります。
でも、そこをさらっと仕上げて、でもモストの濃さ所以の旨味をしっかり生かしているのがへーグルです。

黄金色に程よくグリーンが混じる
柑橘系のフルーツとミネラルの香り
強い酸味とミネラル、さっぱりした後口

生牡蠣、卵料理、クリームベースのパスタ、ピザ、寿司などにお勧めです。


お買い求めはKino_Sanのワイン・ショップでお願いします。
ホイリゲへ行こう! オンライン・ショップ クラインケラー

2019年1月18日金曜日

グロッサー・ワイン・ゲミシュター・サッツ・ロゼ2017

Groszer Wein Gemischter Satz Rose 2017
白ワインのゲミシュター・サッツが多いオーストリアでも、ロゼのゲミシュター・サッツはかなり珍しいです。

このワインは1000mlで販売されていましたが、750mlに変更され、お求めやすくなりました。

濃い目の桃色にオレンジが混じる
フルーティな桃のような風味、ベリーの酸味

豚の角煮、鰤の照焼、中華料理、コールドミートなどにお勧めです。


お買い求めはKino_Sanのワイン・ショップでお願いします。
ホイリゲへ行こう! オンライン・ショップ クラインケラー

2019年1月15日火曜日

ヘーグル・グリューナー・フェルトリーナー・シェーン・フェーダーシュピール2016

Högl Grüner Veltliner Schön Federspiel 2016
「キラキラ・ワッハウ」の真骨頂です。

へーグルはKino_San独自のワッハウのワインの評価「キラキラ・ワッハウ」の代表的なワイナリーです。

「キラキラ・ワッハウ」の定義はグリューナー・フェルトリーナーの香りにあります。
それは、氷点下まで冷え込んだ空気がキラキラするような冬の朝、川岸に立った時の香りがするのです。
それにはワッハウのモストの濃さとワイナリーの技術が必要です。 
モストは濃く、味わいは軽く、でも骨太のワイン。
そこには確かなミネラルの香りがあります。

グリーンに黄金色が混じる
ミネラルの香り
力強いミネラル、微炭酸、ペッパーは軽く、酸味も僅か

ウィンナー・シュニッツェル、焼き魚、白身魚の造り、寿司、出汁のきいたお鍋などにお勧めです。

お買い求めはKino_Sanのワイン・ショップでお願いします。
ホイリゲへ行こう! オンライン・ショップ クラインケラー

2019年1月14日月曜日

ヘーグル・ブリュック・リースリング・スマラクト2013

Högl Brück Riesling Smaragd 2013
ワッハウ独自のワイン等級で最高品質を示す「スマラクト」は、本来甘口ワインとなるシュペトレーゼ(Spätlese)級の葡萄から造られるワインです。
完全に熟成させることが求められ、アルコール度数は最低12となる辛口ワインです。
「スマラクト」とはワッハウの段々畑の石垣に生息するトカゲのことです。
ワッハウの葡萄栽培では石垣は畑の形成の他に、寒冷地のワッハウにおける畑の保温という大切な役割があり、そこに住む「スマラクト」はその象徴なのです。

このワインはへーグルの最高級ワインとなります。

本来、この等級のワインは濃くがあり過ぎて、Kino_San的には非常に飲みにくいワインなのですが、流石はへーグル、旨味は強いけど、風味もあるけど、爽やかなワインとなっています。

黄金色に僅かにグリーンが混じる
柑橘系のフルーツの香り
蜜のような舌ざわり、凝縮されたミネラル、柑橘系のフルーツの酸味

オムレツ、クリームベースのパスタ、グラタン、鶏料理、生牡蠣などにお勧めです。


お買い求めはKino_Sanのワイン・ショップでお願いします。
ホイリゲへ行こう! オンライン・ショップ クラインケラー

2019年1月13日日曜日

オスカー・ゼメッシュ・ブラウフレンキッシュ・トラディツィオン2013

Oscar Szemes Blaufränkisch Tradition 2013
エレガント系とは違うどちらかと言えばボルドー系の赤ワインです。
オーストリアの赤ワインと言えばエレガント系を飲むことが多いので、意外と新鮮です。

明るい菫色
ベリーの香り
血から強いタンニン、熟した桃のようなフルーティさ

ビーフシチュー、ステーキ、グラーシュなどにお勧めです。


お買い求めはKino_Sanのワイン・ショップでお願いします。
ホイリゲへ行こう! オンライン・ショップ クラインケラー

2019年1月7日月曜日

ラングマン・ブラウアー・ヴィルトバッハー・レゼルヴ2013

Langmann Blauaer Wildbacher Reserve 2013
新しく取扱いたいと思っているワイナリー・ラングマンの試飲、最後は赤です。

ブラウアー・ヴィルトバッハーはシルヒャーに使われている品種です。
シルヒャーは飲む機会が多いのですが、赤ワインになったものはあまり飲む機会がなく、Kino_Sanも味が分かりません。

何時も、「あっ、これこれ」と思うのですが、飲む前は「???」状態です。

ストロベリーピンクが可愛いシルヒャーですが、赤ワインの色はかなり渋めです。

小豆色にオレンジが僅かに混じる
強いいぐみと酸味

豚の角煮、シェファーズパイ、ビーフシチュー、グラーシュなど、濃厚な味の肉料理にお勧めです。


お買い求めはKino_Sanのワイン・ショップでお願いします。
ホイリゲへ行こう! オンライン・ショップ クラインケラー

2019年1月6日日曜日

シュティフト・クロースターノイブルク・ホイリゲ2018

Stift Klosterneuburgl Heuriger 2018
昨年のホイリゲ(新酒)はウィーン流では今年の大晦日までホイリゲです。

解禁から2ヶ月、新酒のフレッシュさを残しつつ、味は落ち着いてきました。

グリーン
林檎の香り
林檎の酸味と複数の品種由来の膨らみ

ウィンナー・シュニッツェル、オイルベースのパスタ、ピザ、豚のロースト、鶏料理、白ワインが苦手な鰤の造りも美味しくいただきました。


お買い求めはKino_Sanのワイン・ショップでお願いします。
ホイリゲへ行こう! オンライン・ショップ クラインケラー

2019年1月5日土曜日

ウヴェ・シーファー・ブラウフレンキッシュ・ブルゲンラント2015

Uwe Schiefer Blaufränkisch Burgenland 2015
Kino_Sanは赤ワインが嫌いですが(ワイン屋の店主がそんなこと言っていいのか?)、このワインは大好きです。
飲み口が柔らかなので和食によく合います。

濃い菫色
ベリーとスモーキーな香りも
ゼリーのような舌ざわりでベリーやももの旨味

御節料理、鰤の照焼、ポキ、鮪、鰹、ジビエ、ステーキ、今年は猪鍋にも


お買い求めはKino_Sanのワイン・ショップでお願いします。
ホイリゲへ行こう! オンライン・ショップ クラインケラー

2019年1月4日金曜日

ブリュンデルマイヤー・ブリュット

Bründlmayer Brut
ワイン屋の店主としては書いてはいけないことかもいれません。
でも、それを書くのがKino_Sanです。

このワインはとても美味しい、オードブルやウィンナー・シュニッツェルにピッタリです。
でも、御節料理には合いません。
甘辛く味付けされた魚や野菜には合いません。
魚は臭みが強調され、野菜は旨味がなくなります。

やはり御節料理にはロゼのセクトがベストです。

グリーンに黄が僅かに混じる
林檎の酸味、スルーティで繊細なボディー

白身魚の造り、寿司、白身魚のカルパッチョ、ウィンナー・シュニッツェル、鶏料理、豚のローストなどにお勧めです。


お買い求めはKino_Sanのワイン・ショップでお願いします。
ホイリゲへ行こう! オンライン・ショップ クラインケラー

2019年1月3日木曜日

ラングマン・シルヒャー・ゼクト

Langmann Schilcher Sekt
世界一酸が強いロゼ、シルヒャーのスパークリングです。

ストロベリーピンクが華やかで、お正月に嬉しいですね。

ストロベリーピンク
酸味がスッキリした飲み心地です。

豚の角煮、野菜の濃い目の煮物、鰤の照焼、揚げ物も美味しいと思う。


お買い求めはKino_Sanのワイン・ショップでお願いします。
ホイリゲへ行こう! オンライン・ショップ クラインケラー

2019年1月2日水曜日

ブリュンデルマイヤー・ブリュット・ロゼ・ノンヴィンテージ

Bründlmayer Brut Rose Non-Vintage
ラベルは普通ですが、このロゼのセクトがとにかく美味しいのです。
これを元旦に飲める仕合せを感謝しています。

濃い目の味付けの御節料理にはロゼの方が合います。
これは試してほしいです。

サーモンピンク
レモンの酸味と熟したメロンのフルーティさ

海老や蟹、コールドミート、スモークサーモン、お鍋にもお勧めです。


お買い求めはKino_Sanのワイン・ショップでお願いします。
ホイリゲへ行こう! オンライン・ショップ クラインケラー